集客に悩んでいる士業・コーチ・セラピスト向けの「リスクゼロ集客」法

*

意識と行動のハザマで 0323

公開日: : 最終更新日:2013/06/18 実現力(フィードバック) , , ,

■私が以前の職場で、
関係していたニュースです。
2、3日前のものです。
以下、日経新聞より引用。
 政府が進める健康づくり運動「健康日本21」(2000~10年度)で、全59項目のうち、数値目標を達成したのはメタボリック症候群の認知など10項目(17%)にとどまることが7日、厚生労働省のまとめで分かった。1日の歩数やカルシウムの摂取量など9項目(15%)はこの間でむしろ悪化していた。
 「健康日本21」は1970年代から始まった第1次、第2次の「国民健康づくり対策」に続いて定められ、初めて数値目標を設定した。目標を達成した項目が2割に満たず、改善策が十分でなかったことが浮き彫りになった。
 厚労省の担当者は「国民の健康意識は高まっているが、行動に移していない面がある。悪化や改善していない項目を中心に取り組みを強化していきたい」と話している。
■ここで、
興味深い事は、
「国民の健康意識は高まっているが、
 行動に移していない面がある。」
私なりの視点ですが、
やはり、
「意識」と「行動」の壁は高い?
これは、
何故でしょうか?
行動変容も関係してくるのでしょうが、
ポピュレーションアプローチの限界なのでしょうか?
マスで発信したとしても、
実際は、
個別に介入していかないと行動出来ません。
というよりも、
マスから個別に橋渡しの
途中部分の連携が上手くいかないのでしょう。
原因も事情も良く分かっているのですが…。
■これは、
現在私が担当している多店舗の管理とも
関わってくる問題と捉えたいと思います。
全体会議などで、
一方的に発信したとしても
改善が見られるのは、
意識だけ。
行動に結びつかない。
そうであれば、
具体的解決策は何でしょう?
■私は、
この問題の具体策に、
「小学校のしくみ」
を提案したいと思います。
小学生と言えば、
入学時には、
ほとんど何の知識もない、
集中力もない状況です。
その子供達を
6年間で、
国語、算数、理科、社会、体育、音楽、家庭科、図工や、
その他人間社会でのルールを教えていくのです。
やはり、
そのためには、
時間割(50分単位)
期末テスト、
通知表、
40人に1人の教員。
こういった仕組みが必要となるのでしょう。
■そういった、
導いたり、チェックしたりする責任者がいるので、
目の行き届いた関係が持続できるのです。
人様に行動を継続させるということは、
とてもやりがいもありますが、
大変な事でもあります。
しかし、
これは、
様々な人にとって必要なスキルだと思います。
それぞれのご自身を、
理想の自分に到達させてあげる為に・・・。
そう考えて、
自分の身体を実験台にして、
日々試行錯誤している最中です(笑)
皆さんも、
時間割から始めてみては如何でしょうか?
「志は高く、努力は足元に」(西村は特に足元重視で)
■本日の運動
・大濠公園 2周(4㎞) 20分
  時速 約12㎞
20分代4回目♪
■本日の学習
 英 語
・センター試験      生 物
・センター試験      国 語
-------------------------------------------------------–
今日の【受験勉強 活動】 6.5時間
●センター英語 3時間
・ポレポレ英文読解プロセス50(2周目)  180分
●センター生物 2時間
・らくらく生物                120分
●センター現代文 1.5時間
・田村のやさしく語る現代文          90分
-------------------------------------------------------—
最後まで読んでくれて、本当に有難うございました。合格 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Tags: , , ,

関連記事

関連記事

0004_trdp

捨てる為には 1127

■最近よく思いますが、 増やすことよりも減らすことの方が大事ですね。 捨てないと新し

記事を読む

no image

意識と行動のハザマ その2 0327

■鮒谷さんの3日間セミナー同期生である 菱木豊くんの記事 人の話を聞いて差が出る原因かも!? にも書

記事を読む

no image

つぶし 0436

■一昨日ミュージシャンについて、 書いたんですが、 ミュージシャン 0429 ミュージシャンと同様に

記事を読む

no image

実現可能性の向上(タイプ別) 0818

■昨日、 受験において、 青い鳥回避の具体策3タイプを書かせて頂きました。 偏差値 スケール 081

記事を読む

kobayashi

30年続いた企業とは 1106

【お知らせ】Facebookビジネス活用セミナー大阪開催決定!! 12月8日(日)11:0

記事を読む

no image

みっともないこと応援歌 0716

■「みっともないことをどんどんしよう。」 鮒谷さんの最近のメルマガ(平成進化論)は、 とても心強いで

記事を読む

no image

実行のその後は・・・ 0499

■昨日は、 計画を立てた後は・・・ 0493 という記事を書かせて頂きましたが、 本日はその続きで、

記事を読む

no image

フィードバック1 0002

昨日の続きですが、 思考回路、思考習慣といいますか。 そんな大層な事ではないのですが、 自分なりに気

記事を読む

children

成長曲線 1120

■今日は、 個別コンサルティングの頂いた感想からご紹介します。 ○個別面談参加前にど

記事を読む

kuroyanagi

続けること 1091

■続けるコツ。あまり熱中して集中的にやらない。熱が覚めたらやめてしまう。適度にがんばり、適度に休

記事を読む

Comment

  1. SECRET: 0
    PASS:
    人間にとって活性化エネルギーを下げるもっとも有効な触媒はなんでしょうね。
    以前、達成時のご褒美は人の行動をあまり変えないという研究結果を見ました。一方、行動それ自体の意義、得、利点が高い効果を生むそうです。
    遠い高い目標を達成するため、あるいは継続した努力が必要なことを達成するために、すぐ目に見える分かりやすい効果をいかに打ち出せるか。ということになりますでしょうか。逆説的ではありますが、その分、指導側の腕の見せ所なのかもしれませんね。

  2. 西村 淳 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >センター4ヶ月前E判定さん
    そうですよね。
    活性化エネルギーを下げるのは、
    「まず小さく始める」ことと私は考えますが、如何でしょうか?
    褒美については、賛否両論あるので何とも難しいので、自分に合うかどうかですよね。
    最後に、
    指導者の頑張りも重要ですが、本人のやる気に勝るものはないんじゃないですかね?
    如何ですか?
    センター4ヶ月前E判定さん、塾講師の経験から見てみて。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    成功をつかむには走り始めること、走り続けることの2点を別々に考える必要があると考えます。小さく始めること、私も同じ考えです。一番エネルギーが必要な「始めること」を乗り越えるため、目に見える小さな進歩を時間することが大切だと感じます。継続するために最も必要なことは、行動を起こす人が自分はできると信じること、あるいは自分が師事する人を信じられること、この2点を重視します。おっしゃるとおり、本人のやる気が不可欠で、指導者の頑張りは、その裏側・土台を支える位置にあるべきだと思っています。本人の走るペース、方角、体勢、一人で走るか皆で走るか、歩いてよいか遅くても走るべきか、給水のタイミング、これらを自然と補助出来れば成功が近づくと思います。ただ走り抜けることだけ考える人もいれば、走り方を身に着ける人もおりますが、少なくとも「自分が走っているんだ」という自覚の維持こそが成功の源ではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

00276
草食系男子かも? 1375

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00300
マスメディアに変わる次世代メディア戦略とは 1374

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00204
ご好評頂いている個別面談のネタばらし 1373

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

lib
人様に行動して頂くには 1372

■今日は個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00331
アウトプットの重要性 1371

■今日も個別面談のご感想から。 ○個別面談参加前にどのようなこと

→もっと見る

  • 10年以上、ゼロから店舗ビジネスなどを構築してきた西村淳(にしむらじゅん)が<日々の相談からのヒント>や「起業」を成功させることで幸せになってほしいという思いを伝え続けることを目的とし、400日以上にわたって毎日お届けしている日刊ビジネスメルマガです。

    【ちゃっぴーの起業成幸論】メルマガ登録フォーム
    お名前
    メールアドレス
PAGE TOP ↑