集客に悩んでいる士業・コーチ・セラピスト向けの「リスクゼロ集客」法

*

比較と批判 0210

公開日: : 最終更新日:2013/06/18 受験・資格の勉強やっています

■昨日解いた評論文の問題
亀井秀雄『「小説」論』
はとても哲学的で面白かった。
点数はとても悪かったのですが・・・(-_-;)
■復習の意味も兼ねて、
ポイントを要約してみます。
筆者は、坪内逍遙「小説神髄」の捉え方として、
ⅰ)比較文学というものは、
「自国文学の固有性を追求する」点で、
「国家意識や国民意識、
 さらには愛国心と重なり合うような
 国家への帰属意識」
 つまりは、
 「ナショナリティの概念」を補強する
ⅱ)○のような批判は
 みずからを
 随伴仮象として
 表現しているにほかならない。
※随伴とは・・・ある事につれて、他の事が起こること。 「―現象」
 仮象とは・・・実際に存在するように感覚に現れながらも、
      それ自身客観的な実在性をもたない形象。
自らが批判する対象が存在することで
自己の存在が保たれているという、
自立性を欠いたあり方。
したがって、
批判対象が消失したり
リアリティを失ったりした途端、
自己自身もリアリティを
喪失することになる。
ⅲ) ⅰ)ⅱ)のどちらの立場も否定し、
 筆者独自の立場(多様な可能性のうちに考察していく)へと展開していく。
■「相対的」な価値観
 「絶対的」な価値観
というのは、以前から意識していたが、
当然といえば当然なのですが、
「比較」や「批判」という概念も
そのような要素が含まれているのですね。
■この文章で興味深い点は、
「批判により自分が存在していて、
 本当の意味では自立していない。」
という事ですね。
以前のエントリーでも取り上げましたが、
 ・人を批判してしまいたくなる衝動 0197
 ・人を批判してしまいたくなる衝動(続き) 0198
具体的に、
「このやり方はおかしい。」
というのを考えたとします。
もちろん、当の本人は
自分の考えだと思うかもしれませんが、
「じゃー君のやり方は?」
と言われると、
回答につまるのかもしれませんね。
「批判対象が無くなれば、
 同時に自己も喪失する。」
少し衝撃でした。
鮒谷さんの平成進化論
最近の記事にもありました。
「現状を否定して、
 独立したとして、
 それは、
 持続し続けるエネルギーとなり得るか?」
それよりも、
「本当にやりたいことは?」
という事が重要ですとの事でした。
■まとめると、
比較文学や批判ではないですが、
内省の一つのパターンとして
・外部との比較によって自分を見つめ直す
    ↓
・少しナルシズムに陥る
    ↓
・外部要因の批判をする
    
    ↓
・それは、真の自立になるのであろうか?
ということで、
皆さんも内省する時には、
一度冷静になって、
客観的に見てみる意識が
必要かもしれませんね。
皆さんも内省してますか?
「志は高く、努力は足元に」(西村は特に足元重視で)
■本日の学習
・センター国語
 小説開始。
 
・センター生物
 WEB玉塾 生物 DVD 終了
・センター日本史
 WEB玉塾 日本史 第3章 終了
-------------------------------------------------------—
今日の【受験勉強 活動】4.5時間
●センター国語(評論文)   2.5時間
  ・河合塾 2011マーク式総合問題集 第1回 第2問     75分
      Try1  23min.33sec.  37点/50点
      【反省点】・場面の展開により、段落分けが出来る。
           ・該当箇所が広い場合もある。
           ・「全体」イイスギ表現
  ・河合塾 2011マーク式総合問題集 第2回 第2問     75分
      Try1  21min.19sec.  34点/50点
      【反省点】・選択肢のポイントを全て押さえる
●センター生物   0.5時間
  ・WEB玉塾 生物 DVD 第5章          60分
●センター日本史  1.5時間
  ・WEB玉塾 日本史 第3章           90分
-------------------------------------------------------—
最後まで読んでくれて、本当に有難うございました。合格 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Tags:

関連記事

関連記事

no image

センター試験 過去問テスト10月(2日目) 0343

■結果から発表します。  目標達成出来ませんでした(-_-;)  782/1000  前回よりも上が

記事を読む

no image

弱点分析の重要性 0551

■思いの外、昨日の記事 暗唱の威力 0545 の反響を頂きまして、 嬉しい限りです。 コメントに限ら

記事を読む

no image

後期の準備 その1 0106

■明日3月8日はちゃっぴー33歳の誕生日です♪ そんなめでたい日に昨日の前期試験の合格発表があります

記事を読む

no image

1年前に書いていたこと 0617

■勉強計画について 去年書いた事を見直していました。 すると、 ほとんどが既に対策済みになっていまし

記事を読む

no image

要約のコツ 0604

■受験英語の問題の種類ですが、 難易度順に易しいものからあげると、 ・空所補充 ・内容一致問題 ・説

記事を読む

no image

Web玉塾 玉先生 0159

■今日は、初めてWeb玉塾の玉先生とお会いしました。 約7時間の超ロング面談を行って頂いた。 玉先生

記事を読む

no image

演習の大切さ 0652

■「勉強して何となく分かるけど、  テストや模試では解けない。  あともう少しのような気もするけど、

記事を読む

no image

好きこそ物の上手なれ 0762

■最近になって、 ようやく日本史の成績が 上がってきました(笑) 嬉しい限りです。 好循環のサイクル

記事を読む

no image

最近の学習 3月5日~3月11日(完全西村用) 0476

■あれからまる1年が経ちました。 震災にあわれた方のご冥福を こころからお祈りします。 このように目

記事を読む

no image

八割が境目 0824

■勉強をしていると、 試験の点数で、 明らかにその科目の習熟度レベルが 変わったなという瞬間がありま

記事を読む

Comment

  1. みっちー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今回は難しい話から入りました。
    が、読み進めていくうちにだんだん理解できました。
    私も会社をやめるときに会社の否定から入ったので実際自分は何をやりたいのかわからず悩んでしまいました。やはり自分が何をやりたいのか、そして何を目標とするのかをしっかり決めていくことが必要だとあらためて感じました。
    もしこれから何かの否定から入ってしまったときには自分の考えもしっかり持ちたいと思います。

  2. 西村 淳 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >みっちーさん
    コメント有難うございます。
    私もこのようなに思ってしまうことが
    たまにあります(^^ゞ
    しかし、今一度、
    自分の心を見つめなおしてみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

00276
草食系男子かも? 1375

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00300
マスメディアに変わる次世代メディア戦略とは 1374

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00204
ご好評頂いている個別面談のネタばらし 1373

■今日も個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

lib
人様に行動して頂くには 1372

■今日は個別面談の感想から。 ○個別面談参加前にどのよう

00331
アウトプットの重要性 1371

■今日も個別面談のご感想から。 ○個別面談参加前にどのようなこと

→もっと見る

  • 10年以上、ゼロから店舗ビジネスなどを構築してきた西村淳(にしむらじゅん)が<日々の相談からのヒント>や「起業」を成功させることで幸せになってほしいという思いを伝え続けることを目的とし、400日以上にわたって毎日お届けしている日刊ビジネスメルマガです。

    【ちゃっぴーの起業成幸論】メルマガ登録フォーム
    お名前
    メールアドレス
PAGE TOP ↑